BS_Volatility(BS_Volatility.zip)

¥ 500

*Tax included.

*This item is a digital item which you download (22963 bytes)

ご利用中のMT4の全通貨ペアを対象に、指定時間内における1分足、5分足、15分足、1時間足の平均ポイント数をターミナル(エキスパート)に表示します。
表示データは、CSVカンマ区切りになっているので表計算ソフトにコピーしてもお使いいただけます。

スプレッドやスワップポイントも同時表示しますので、スキャルピングなどの通貨ペア選定にご利用いただけます。

2019.11.24 追加
短期足用のBS_Volatilityに、長期足用のBS_Volatility_Dayを同梱しました。
BS_Volatility_Dayは、指定日内の1時間足、4時間足、日足の平均ピップス数をターミナル(エキスパート)に表示します。
これに合わせて、BS_Volatilityの平均ポイント数を平均ピップス数に単位変更いたしました。

2番目の画像は、6時間前までの各通貨のボラティリティーを短期足用のBS_Volatilityを使って出力し、エクセルに貼り付けた後、1分足のボラティリティーの大きい順にソートした結果です。
各時間足のボラティリティーとスプレッド(Sp)から判断してスキャルピングに使えそうな通貨を選定するといった使い方ができます。
ちなみに、ブローカーはXMでスタンダード口座なので、スキャルピングには向いていません。とくに、スプレッドが広いのは、最終時刻のスプレッドになっているからです。

2019.12.3 追加
CSVファイル出力に対応しました。
単位時間当たりの平均値動きpipsに占めるスプレッドの割合を出力項目に加えました。
例えば、1分当たり平均3pips動く通貨のスプレッドが0.5pipsなら、0.5 / 3 = 0.166(16.6%)
スプレッドが2pipsなら、2 / 3 = 0.666(66.6%)
単純な計算式ですが、この割合が小さいほど、スキャルピングには有利になります。

Report